企画展「EV Now」内にてCAKEを展示中

企画展「EV Now」内にてCAKEを展示中

2024.01.17
持続可能な世界を実現すべく生まれた《SDGs》目標達成に向けて、新たな自動車開発の視点に的を絞った企画展『EV Now』が ミュージアムタワー京橋にて開催中。ここでCAKEも紹介されています。CAKEは「ゼロ・エミッションへの姿勢」という視点で取り上げられ、軽量なオフロードモデルの「「Kalk &」、そして「Makka range ;work」はバッテリーから繋がった給電プラグを活かして、充電スポットとして、それぞれ展示されています。

「ヨーロッパ随一の環境先進国といわれる北欧。EV の普及率は、ノルウェーを筆頭にアイスランド、スウェーデンの順にとりわけ高いと評されています。自然環境を守るためガソリン車の森への侵入を規制しているスウェーデンで生まれたCAKE(ケイク)は、極めて軽量かつ、独自開発のユニークなトレッドパターンのタイヤを装着したオフロードバイクにより、森の中の環境を傷つけることなく、自然との共存を可能にする次世代のモビリティです。この小型の電動モビリティは、給電機能を備え、多用途な活躍が期待できます。」(展示会キャプションより/出典:CAKE)


『DRIVETHRU』の特集記事がこちらからご覧いただけます
https://drivethru.jp/report/key-to-success


【展示概要】

■タイトル:
「EV Now」

■企画趣旨
2030 年までに持続可能でよりよい世界の実現を目指した国際目標「SDGs(Sustainable Development Goals)」。現在、さまざまな企業で多様な取り組みが行われています。
自動車メーカーでは、気候変動対策としてのカーボンニュートラルへの取り組みとして2035 年を目処にガソリン車の新車販売を禁止する指針を打ち出しています。
一方、本企画では、従来の自動車メーカーとは異なる視点からSDGs実現にむけた新たな可能性を示す3つのモビリティについて紹介します。多様な電動化の例として、みなさまのヒントになってくれることを願っています。

■会期:
2024年1月15日(月)〜 29日(月)11:00~18:00
※土日祝日定休
※入場無料

■場所:
ミュージアムタワー京橋 1F ショールーム 
東京都中央区京橋1丁目7−2
(アーティゾン美術館入口左隣)